スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イリヤの空、UFOの夏』シリーズ 読了

地方と都心では物量が全く違う。

この前まで、用事があり一時的に東京に行って来た。
時間があったので、何か買い物もしようとお店を回ると、その豊富な品ぞろえに購買意欲をそそられた。

amazonだとあまり買う気にならないのは、実物を手に取れないからだろう。
『イリヤの空、UFOの夏』はamazonで見つけ、目をつけていた商品だった。
それが秋葉原のアニメイトに並べられていた。
迷わず最終巻の4巻まで購入。

そして駅前から少し離れたマクドナルドに行き、100円マックを数品をお供に読み始めた。


ストーリーは大体こんな感じだった。
主人公の浅羽直之は新聞部に所属をしている。
その活動の一環で中学2年の夏休みをUFO探しに費やした。
だが、特に収穫を得ることが出来ず、夏休み最後の思い出にと、夜の学校のプールに忍び込んだ。
そこには先客で不思議な少女がいたのだった。
2学期が始まろうとし、秋が近づいているが、浅羽直之の夏はまだ終わりそうに無かった。

このシリーズの感想は次のとおりだった。
・世界観が良い(パラレルワールドの日本。ほんの少し近未来的な部分もある)
・2001年位の作品なので、当時の空気を感じる(北の脅威等、物語世界にその影響あり)
・セカイ系!!
・作品自体も今のものとは異質のように感じる(ラブコメ隆盛の今が異常で、この作品がベーシックなのかもしれない)

まず自分はこの作品を読むのに失敗した点がある。
それは次の点だ。
・一気読みをしてしまった
・必要以上にサブキャラを意識して読んでしまった
まずこの物語は短い分、ひとつひとつのエピソードの比重が重い。
さらにライトノベルの中で名作として名を馳せているシリーズである。
なので、噛み締めるように読んでいくべきだと思う。
例えるなら手塚治虫作品を読むような感じで(手塚治虫とは読む時の例えに出しただけで、この作品とは無関係である)
また、この作品は主人公とヒロインの2人の物語である。
その他のキャラクターも良いのだが、2人の物語の引き立て役として読むことを勧める。
この2点をこれから読む人には注意して欲しいと思う。

詳しい感想は次のとおりだ。
まず自分がどれだけ最近のラブコメを基準としてしまっているかが分かった。
特にハーレムものが好まれる傾向が最近顕著である。
まさにボーイ・ミーツ・ガールであるこの作品は心が洗われるところがあった。
そして等身大の主人公の心に突き刺さってくる部分がまた良かった。

主人公のキャラクターについても、最近多いものとは違う。
最近は、普段ふつーで少し冷めていてちょいへたれで、ここ一番に熱血漢になるタイプのキャラが多いと思う。
それでいろんなヒロインとフラグを立てたりとかしている。
この作品の主人公も普段は上と同じようなタイプだが、度胸や能力的には一般的な中学2年生に近い。
ここ一番になっても、中学2年生のそれ以上にはならず、一般的な中学2年生が出来ないことは彼も出来ない。
それはライトノベル的にはヘタレキャラクターになってしまう一方、一般的に考えるとこの主人公のほうが現実的なタイプのキャラクターである。
ヒロインは無口不思議キャラクターで、最近も似たようなキャラクターがいるように思う。

夏、ヘタレ主人公、不思議な少女、UFOの噂、2001年には現実的だった北の軍事的脅威...etcが合わさると、それだけでワクワクしてしまう人も多いと思う。
この作品はまさにそれを体現している。
懐かしさ、古さを感じる部分も自分は多かったが、最近の作品に嫌気が差し離れたいと思っている人にはうってつけかも。
時期的には夏の終わりに読むのに適してる。
再アニメ化してほしいな。
スポンサーサイト

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第7巻 読了

イラストレーターが使いこなせない。
ワードのほうがまだ使いやすく感じる。

帰宅してまだ体力が残っていたので、久しぶりにライトノベルを読んだ。
それで、さっき『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第7巻を読み終えた。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)
(2010/11/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

ストーリーは大体こんな感じだった。
妹から彼氏のふりをして欲しいと頼まれた京介。
それにはモデルの仕事に関連した事情があった。
それについて解決をした京介だが、妹の口から出たある一言が彼を悩ませる。

今巻を読み終えた感想は
・麻奈実の出番が少なすぎる
・どろどろ気味(?)
といったところ。

全体的には次のように感じた。
恋愛方面に話が進んでいくので、読んでいて興奮した。
もちろん台風の目は桐乃。
今までで1番京介を振り回したように思う。
ストーリーもシリーズを通した流れから見て大きく転回する。
荒いようにも思うが、それでもおもしろいので許してしまうどころか寧ろ喜んでしまった。
それは読者の誰もが、頭のどこかしらで望んでいたであろう展開に進んでいったからだろう。
自分としては待っていましたと言わんばかりだった。

物語の中では、第1巻から1年以上の時が経っている。
当時と比べて、登場キャラクターも互いにとても親密になっている。
京介と桐乃も例外ではない。
それ故に、妹が気になってしまう京介に、感情移入をしっぱなしだった。
だが終盤は力技でねじ伏せようとしてくる。
特に、京介の頑張りすぎ・やりすぎ感、話の持って行き方、終わり方が強烈だった。
惰性で読み続けているシリーズがこうなってたら、切るかもしれないと思うほど。

でも自分はこのシリーズ好きだし、次の巻早く読みたい。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第6巻まで読了

ライトノベルを最近読めないほど忙しい。
やばいなあ。

今日はこつこつ読んでいた『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』シリーズの感想。
第6巻まで今のところ読んだ。
アニメ化もされてたし、原作も読んでみるかという理由で買った。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
(2008/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


話は大雑把に次のような流れ。
破天荒な妹(桐乃)を持つ兄(京介)は、とある彼女の秘密を知ってしまう。
それからというもの、妹からその秘密に関連した人生相談を受けるようになる。
彼は人生相談を引き受けるが、無事解決をすることが出来るのか。

このシリーズのいいところは、オタクの偏見も書きつつ、それを踏まえて一部を肯定するという部分が書かれているところだ。
オタクに対する世間の目はあまりいいものではない。
それを主人公の目を通して書き、現実的な部分も持っている点がよかった。
ストーリーはありえない話だが、ライトノベルの中ではまだ現実的かも。
地に足のほんの少し離れているライトノベル作品といった感じ。

キャラクターは主に主人公と妹、幼馴染、妹の友人数人、オタク友達数人がメインである。
上に挙げた中で男性キャラクターは(彼以外の男性キャラクターもその他で一応登場はするが)主人公1人、それ以外は全員女性キャラクターだ。
さらに主人公は誰かしらの女性キャラクターと行動する場面が多く、見事なハーレム設定になっている。

主人公は、たまにありえない程の決断力や行動力を発揮する点、女性とのコミュニケーションが上手な点を除いては、普通のキャラクターであるように思う。
妙に都合のいいように感じるが。
女性キャラクターは、人数が多く、中二から幼馴染までバラエティに富んでいる。

その中で面白いキャラクターだと思ったのは妹の桐乃である。
彼女は妹キャラクターにありがちなお兄ちゃん大好きっ子ではなく、その逆の、お兄ちゃん大嫌いっ子である。
性格的にも口調がきつく、怒りっぽく、暴力的である。
ツンデレというわけではない。
容姿は端麗であり、運動や勉強もトップクラス。
つまり、性格的な面を除けば完璧なキャラクターである。
そんな彼女が、兄に当たるところもむしろ愛情表現的に見える部分があり、読んでいて非常に微笑ましかった。
因みに兄妹の禁断の愛的な要素は皆無である(と自分は思う)。

キャラクター同士の関係性は、いきなり変化するのではなく、時間の経過を経てすこしずつ変化していく。
変化という変化も少ないが。
なので感情移入がしやすい。
読み口は軽く、ライトノベル初心者の自分に合っている本ではないかと思う。
続きも早く読みたい。

『涼宮ハルヒの憂鬱』と『涼宮ハルヒの溜息』 読了

イラストレーターを使い始めた。
まだ慣れない。
上手く使えるようにならなきゃ。
あと今日はお酒を飲んだ。
堅揚げポテトのブラックペッパー味おいしいなあ。

では本題に。
さっき涼宮ハルヒシリーズを『涼宮ハルヒの溜息』まで読み終えた。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流

商品詳細を見る


涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
(2003/09)
谷川 流

商品詳細を見る

シリーズの内容は大雑把に次の様なものだった。

高校に入学した主人公キョンは、ハルヒと出会った。
ハルヒは顔は整っており、勉強も運動もできる。
しかし、変わり者であり、日常に退屈をし、何か面白いことが起こることを望んでいた。
ある日、面白いことが無ければ自分でつくるという発想のもと、SOS団という団体を校内につくる。
すると、未来人のミクル、超能力者の小泉、宇宙人の長門が彼女のもとに集まる。
だが、彼らはそれをキョンには告げるが、ハルヒに口外しないよう頼む。
事態を飲み込めていないキョンであったが、ハルヒを中心としたとんでもない出来事に巻き込まれていく。

自分がこれを読んでいて思った感想は、ちょうどいい読みやすさであるということだ。
私が今まで読んできたライトノベルは次の通り。
・『俺の青春ラブコメはまちがっている』
・『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
・『ゴールデンタイム』
これらは読み終えるまであまり時間がかからなかった。
軽く読み流せる部分が多かった。

涼宮ハルヒシリーズはこれらに比べれば、まだ読むのに時間がかかる。
いい意味で読み応え(?)がある
今までライトノベルに物足りなさを感じていた自分には少し嬉しい。
主人公キョンのひとり語りで書かれているが、彼の心情も面白いし、比較的に読み流す部分はなかった。

自分はアニメを見たことがあるので、内容を理解した上で原作を読んでいる。
現在思うのは、アニメの完成度の高さである。
涼宮ハルヒシリーズが人気がある理由は、きっとアニメシリーズの成功にあるのだと思う。
原作のこれまで読んだところは面白いが、ここまで人気になるほどではないように感じた。
まだこれから盛り上がるのだろうと思うが。

涼宮ハルヒシリーズでは『涼宮ハルヒの消失』の人気が高いので、それに期待をしたい。
ちなみにアニメシリーズでは『笹の葉ラプソディ』と『ライブ・ア・ライブ』が好きだったので、そのエピソードが出てくるのが楽しみだ。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第4巻 読了

自分の下宿には共同のBSアンテナがあり、いろんなチャンネルを見られることを知った。
何年も住んでて、今更気が付くなんて。

さっき『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第4巻を読み終わった。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)
(2012/03/16)
渡 航

商品詳細を見る

ストーリーをざっくりというと次のような感じだった。
小学生の林間教室を手伝うこととなった、奉仕部と葉山を始めとするリア充数人。
小学生の間にも仲良し同士のグループが存在し、その中でぼっちになってしまった鶴見留美のために、彼らは動こうとする。

個人的に思った今巻の見所は、リアルなぼっちのスタンスである鶴見留美だ。
これまでのこのシリーズは、ぼっちをネタとして扱ってきた。
例えば奉仕部員は、現実ではあまり考えられない極端な個性を持つキャラクターだ。
彼らは一部を除き、ぼっちを肯定的に捉えている。
葉山らリア充らとの絡みを見ても上手くやっている。
本当にぼっち?ってくらいに。
主人公が合間に挟むぼっちエピソードも、読んでいて和ませられるようなものだった。

だが、鶴見留美はリアリティのあるぼっちキャラクターだ。
彼女の周りにいる小学生も、テンプレ的な純粋な幼女小学生キャラクターではなく、少し陰湿な部分を持っている。
本来楽しいはずの林間学校で、同じグループのメンバーから距離を置かれ、どうしようもなくなってしまっている彼女の姿は、読んでいて胸に突き刺さる。
話の中で葉山は鶴見にありきたりな解決策を試みるが、リアルはそんなに簡単にうまくいかない。
奉仕部も努力するが、結末は100%ハッピーエンドと言い切れるものではない。
これらの部分から、ライトノベルの世界とリアルの乖離が表されているように思った。

笑えるシリーズであるため、あまり重くは書かれていない。
かなり中和をされている。
それでも比較的ずんと来る話で、このくらいの方が自分は非常に楽しむことが出来た。

次巻に通じ沿いな部分では、登場人物の過去がまた分かってきた。
リア充キャラクターも、どんどん関係してくるのかなー。
早く次巻出ないかなー。
プロフィール

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。