スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第7巻 読了

イラストレーターが使いこなせない。
ワードのほうがまだ使いやすく感じる。

帰宅してまだ体力が残っていたので、久しぶりにライトノベルを読んだ。
それで、さっき『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第7巻を読み終えた。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)
(2010/11/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

ストーリーは大体こんな感じだった。
妹から彼氏のふりをして欲しいと頼まれた京介。
それにはモデルの仕事に関連した事情があった。
それについて解決をした京介だが、妹の口から出たある一言が彼を悩ませる。

今巻を読み終えた感想は
・麻奈実の出番が少なすぎる
・どろどろ気味(?)
といったところ。

全体的には次のように感じた。
恋愛方面に話が進んでいくので、読んでいて興奮した。
もちろん台風の目は桐乃。
今までで1番京介を振り回したように思う。
ストーリーもシリーズを通した流れから見て大きく転回する。
荒いようにも思うが、それでもおもしろいので許してしまうどころか寧ろ喜んでしまった。
それは読者の誰もが、頭のどこかしらで望んでいたであろう展開に進んでいったからだろう。
自分としては待っていましたと言わんばかりだった。

物語の中では、第1巻から1年以上の時が経っている。
当時と比べて、登場キャラクターも互いにとても親密になっている。
京介と桐乃も例外ではない。
それ故に、妹が気になってしまう京介に、感情移入をしっぱなしだった。
だが終盤は力技でねじ伏せようとしてくる。
特に、京介の頑張りすぎ・やりすぎ感、話の持って行き方、終わり方が強烈だった。
惰性で読み続けているシリーズがこうなってたら、切るかもしれないと思うほど。

でも自分はこのシリーズ好きだし、次の巻早く読みたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっちの人

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。