スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方民のアニメ事情

朝から晩までパソコンと印刷機と向き合う生活はつらい。
自分は、そんな日常生活の心のオアシスを、現在アニメとライトノベルに見出している。
地方では、一般人がアニメを見ることも難しい現状がある。
私は関東出身だが、現在は地方で生活をしている。
両方での生活を実際にしてみて、地方ではアニメなどに接する機会も限られているし、「オタク」も生まれにくく、やっていきにくいように思った。
※ここで用いる「オタク」はほぼ「アニオタ」ど同じ意味
因みにあるスレによると、私の今いる県の県庁所在地では、見られる深夜アニメが1本であった。

それであっても確かに「オタク」は存在している。
私の周囲にも様々な人がいる。
パチンコ・パチスロからアニメに興味を持った人、幼い頃から好きで現在も継続している人、ひきこもっていてアニメを拠り所にしていた人・・・
その中に深夜アニメを見ている「オタク」は少ない。
大ブームとなった「けいおん!」などの例外もいくつかあるが、基本的には深夜アニメを認知している人自体が少なく、見るという選択肢すら持っていない人が多い。

だが地方でアニメを見る方法も最近ではいくつかある。
・ニコニコ、Youtube、Ustreamでのアニメ無料配信等インターネットを利用する
・映らない民放、BSデジタル放送、アニメチャンネル等をケーブルテレビや衛星放送を利用して見る
・おすすめしないがKeyholeTVや一般人によってアップロードされた動画を見る

以上の手段を利用すると、地方にいながら多くのアニメを楽しむことが可能である。
アニメの地方格差は解消に向かってると個人的に思う。
自分が見たいと思った放映中のアニメは今のところ全部見れている。

話は変わって、2012年夏アニメの放映が開始された。
自分は良アニメを見抜く千里眼を持っているわけではないので、直感で面白そうだと思ったものを見ている。
今のところ継続してみているのは次の通り。
・もやしもんリターンズ
・夏雪ランデブー
・恋と選挙とチョコレート
・ココロコネクト
・TARI TARI
・人類は衰退しました
惰性で見ているものも他にいくつかあるが。

前期はあまり楽しく感じなかった。
2012春アニメのランキングはNER放送でこんな感じ。
2012春アニメ最終ランキングダウンロードページ(エクセルファイル)
個人的には上のランキングは明らかに過大評価だと思う。

だから今季期待してるぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。