スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて読んだライトノベル『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』第1巻

先週からライトノベルを読みだした。
ライトノベルが原作のアニメが多く、以前から興味は持っていた。
それに加えて最近時間に余裕があるので、思い切って手を出して見ることにした。

何を読むか迷い、いろいろなサイトを見た結果、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』の第1巻に決定。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
(2011/03/18)
渡 航

商品詳細を見る

その理由は
1.全く聞いたことのないタイトル
2.比較的評判がいい
3.自分の出身県である千葉県が舞台
4.残念な青春モノでぼっちや非リアの共感を誘う部分もあるらしい
ということがネット上で書かれていて自分の好みに合うと思ったからだ。

そして読み終えた感想はがっかりの一言。
ただそれは自分がライトノベルを初めて読んだから、そう思っているのだと考えている。
初心者の自分の目から思ったことを正直に書こうと思う。

物語の設定やキャラクターに個性が強い。
ストーリーは『僕は友達が少ない』と同じ系統。
いい部分も持っているのにどこかしら残念でぼっちな人たちの、笑える学園ものといったところだと思う。
どこかでみたことあるような要素が他にも多く盛り込まれ、オリジナリティが薄いと思った。
その他では、千葉ネタは何回も聞いたことあるものだし、共感出来る部分もこんなもんかって感じだし、全く自分にはウケなかった。
つまり期待はずれだった。

でも続きも読もうかなとも思ってしまった。
多分口語体で読みやすく、絵があるからキャラクターを想像しやすいため、頭を空にして楽しめるからだ。
作者がうまいからか、一気読みをしてしまうほどだった。
その感覚はアニメを見ている時に近い。
本作品で自分が一番すごいと感じたのはこの部分だった。

恐らくこういう軽い作品は、気合を入れてではなく、4コマ漫画でも読むかのように気楽に手に取るものなのだろう。
いい娯楽を見つけた。

今後は恐らくいつか来るであろうシリアス展開にも期待。
登場人物が何があってここまで残念になってしまったか、自分の理解の範疇を超えているだけに興味がある。
それを経てもまだがっかりと自分が感じるのなら切る予定。

第5巻では重大発表がされるとか。
何だろう。
楽しみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっちの人

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。