スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第2巻読了

今日は『俺の青春ラブコメは間違っている』第2巻を読んだ。


()


商品詳細を見る

1巻を読んだ時はあまり面白いとは思わなかったが、今回は楽しむことが出来た。
第1巻の感想はこちら
こっちの人の備忘録 初めて読んだライトノベル『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』第1巻

間違いなく前巻よりパワーアップしている。
千葉ネタもいいところをついているし、ぼっちネタも共感できるものが多かった。
登場人物のバックグラウンドも一部明らかになり、今後の展開を期待させられた。
次巻以降も楽しみだ。

個人的に今回気に入ったのは、兄弟愛が書かれていること。
ぼっちに慣れた主人公が、妹に対して気にかける様子が微笑ましい。
その一方、雪ノ下は何やら家庭内の事情を感じさせる部分があった。
笑える話にそういったシリアスな要素が少し持ち込まれていて、次巻以降へのつなぎになっている。

しかしこのくだりはいらないだろと感じる部分や、キャラクターをかわいく見せたいのだろうが受け付けない部分があった。
例えばメイド喫茶に行ってしまうところとか。
他にも彼らが会ってどの程度経ったかは知らないが、あまりに早く好意的な人になりすぎだろと思ってしまったりとか。
心情の変化については、もっと段階を踏んで変化させればいいのに。
しかし、これもライトノベルじゃありなのかな。
主人公主観の口語で物語が書かれているので、他のキャラクターの心理描写をうまくするのは難しいのかも。
しょうがないのかな。

それでも読んでいて、それぞれのキャラが個性的でかわいいと思ってしまったので許す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。