スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゴールデンタイム』第2巻 読み途中

ここ数日間は、動きまわって営業をしたりと、自分の中では充実していた。
成果はほとんど上がらなかったけど。
現実は厳しいな。

『ゴールデンタイム』を読み始めた。
ライトノベルに手を出してから、大体1週間が経ったけど、すごい勢いで読んでいる気がする。

ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)
(2011/03/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

今はまだ第2巻の途中ですが。
『とらドラ!』の作者の最新作と知ったその日のうちに購入した。

とらドラ!1 (電撃文庫)とらドラ!1 (電撃文庫)
(2006/03/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

『とらドラ!』は自分の好きなアニメの一つだ。
それを初めて見たのは、アニメとはまだ疎遠だった頃。
クリスマスに大河が竜児のことを思い号泣する場面が、深夜にテレビをザッピングをしていると飛び込んできた。
きっとおもしろいアニメなんだろうなとは思ったが、途中から見たため訳が分からず、別な番組にチャンネルを変えた。
タイトルすらも知らなかったし、知ろうとすらしなかった。
だが記憶の片隅にその場面が焼き付いた。

それから数年後、アニメをあさるようになった自分は偶然『とらドラ!』と再会した。
このアニメを見ようと選んだときは、まさか以前に見たことのあるものだとは思いもしなかった。
そして、実際にテレビで見始めると、どことなく見覚えがあるように感じ、クリスマスの回を見て鳥肌が立った。
その『とらドラ!』原作者の最新作だったので、とても期待をして読み始めた。

『ゴールデンタイム』の感想
第1巻から盛り上がる展開があり、ストーリーに引きこまれた。
最後がたまらない。
1巻なのに「結構行くなあ」と思った。
第2巻はまだ前半しか読んでいないが、この穏やかな流れから、また後半盛り上がってくるのかなとワクワクする。

主人公がライトノベルにありがちな高校生ではなく大学生という設定。
ある事件のせいで、今もとある問題を抱えている。
その当時を振り返る場面で、高校のエピソードも入るので、うまいなあと思った。

アニメ化を期待される作品だが、ドラマ化も向いていそうに思う。
雰囲気は作者が女性の為、少女漫画に近い。
しかしそうであるからこそ、ラノベやアニオタの層だけでなく、一般人(特に中高生)も楽しめそうだと思う。
あと、この作品は表紙の2次元のキャラクターだけでなく、3次元の人でも、こんな感じかなと物語を想像をすることが出来る。
これって、ライトノベルでは、意外にすごいことではないかと思う。

自分はまだライトノベルビギナーだが、レベルの高い作品だと思う。
ひょっとしたら、今刊行中のライトノベル作品で1番じゃないかと思って調べたら、こんなランキングが。
トップ10にも入ってない。
「2012年上半期ライトノベルランキング」1位はWEB発の新人作品 | ニコニコニュース
半分が知らない作品だけど、ちょっと興味が。
どんどんはまっていってるな、自分。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっちの人

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。