スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第4巻 読了

自分の下宿には共同のBSアンテナがあり、いろんなチャンネルを見られることを知った。
何年も住んでて、今更気が付くなんて。

さっき『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第4巻を読み終わった。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)
(2012/03/16)
渡 航

商品詳細を見る

ストーリーをざっくりというと次のような感じだった。
小学生の林間教室を手伝うこととなった、奉仕部と葉山を始めとするリア充数人。
小学生の間にも仲良し同士のグループが存在し、その中でぼっちになってしまった鶴見留美のために、彼らは動こうとする。

個人的に思った今巻の見所は、リアルなぼっちのスタンスである鶴見留美だ。
これまでのこのシリーズは、ぼっちをネタとして扱ってきた。
例えば奉仕部員は、現実ではあまり考えられない極端な個性を持つキャラクターだ。
彼らは一部を除き、ぼっちを肯定的に捉えている。
葉山らリア充らとの絡みを見ても上手くやっている。
本当にぼっち?ってくらいに。
主人公が合間に挟むぼっちエピソードも、読んでいて和ませられるようなものだった。

だが、鶴見留美はリアリティのあるぼっちキャラクターだ。
彼女の周りにいる小学生も、テンプレ的な純粋な幼女小学生キャラクターではなく、少し陰湿な部分を持っている。
本来楽しいはずの林間学校で、同じグループのメンバーから距離を置かれ、どうしようもなくなってしまっている彼女の姿は、読んでいて胸に突き刺さる。
話の中で葉山は鶴見にありきたりな解決策を試みるが、リアルはそんなに簡単にうまくいかない。
奉仕部も努力するが、結末は100%ハッピーエンドと言い切れるものではない。
これらの部分から、ライトノベルの世界とリアルの乖離が表されているように思った。

笑えるシリーズであるため、あまり重くは書かれていない。
かなり中和をされている。
それでも比較的ずんと来る話で、このくらいの方が自分は非常に楽しむことが出来た。

次巻に通じ沿いな部分では、登場人物の過去がまた分かってきた。
リア充キャラクターも、どんどん関係してくるのかなー。
早く次巻出ないかなー。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第3巻 読了

お酒を飲む機会が増えた。
そのせいで金欠状態。
ライトノベルを買える分は確保しておきたい。

さっき『俺の青春ラブコメはまちがっている』の第3巻を読了。
このシリーズは、第1巻を微妙と思ってたが、続く第2巻は楽しむことが出来た。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 (ガガガ文庫)
(2011/11/18)
渡 航

商品詳細を見る


第3巻のストーリーを大雑把にまとめると次の通り。
奉仕部から距離を取り始めた由比ヶ浜。
八幡と雪乃は由比ヶ浜を引き止めようと動く。

読み終えて思ったことは「物語本筋自体にあまり進展がないかな?」ということ。
第2巻では新キャラの葉山と川崎が登場し、話にメリハリがあったように思う。
今巻は彼らは登場せず、さらに2巻で悪化した由比ヶ浜との仲を元に戻すためと主人公らは動く。
結果、話に進展があまり感じられなかった。
元に戻し、さらにその先で何か期待できたのだったら、よかったのに。
雪乃の姉の登場等、次に繋がる部分も一応はある。
雪乃の過去や背景についての回がいつか来るなら、おもしろくなりそう。

それ以外だと第2巻でも感じたのだが、キャラクターの変化(ぶれ)が気になるなー。
もっと段階的に変化させてくれって思った。

細かいことをそんなことを気にせず、彼らの日常をほのぼのと楽しむのであれば○。
というか他レビューを読んでも、それらを気にしている人はいないし、むしろ褒めている人が大多数。
自分の感性が変わっているんだな。
相変わらずぼっちが共感できる点もあるし、ご当地ネタもあるし、パロディーネタも多くおもしろい。
このライトノベルのターゲット層は、ストーリーより笑いや共感を求める人なんだろうなあ。

次の第4巻では葉山が再登場するらしい。
好きなキャラクターだから嬉しい。

『ゴールデンタイム』第2巻 読み途中

ここ数日間は、動きまわって営業をしたりと、自分の中では充実していた。
成果はほとんど上がらなかったけど。
現実は厳しいな。

『ゴールデンタイム』を読み始めた。
ライトノベルに手を出してから、大体1週間が経ったけど、すごい勢いで読んでいる気がする。

ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)
(2011/03/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

今はまだ第2巻の途中ですが。
『とらドラ!』の作者の最新作と知ったその日のうちに購入した。

とらドラ!1 (電撃文庫)とらドラ!1 (電撃文庫)
(2006/03/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

『とらドラ!』は自分の好きなアニメの一つだ。
それを初めて見たのは、アニメとはまだ疎遠だった頃。
クリスマスに大河が竜児のことを思い号泣する場面が、深夜にテレビをザッピングをしていると飛び込んできた。
きっとおもしろいアニメなんだろうなとは思ったが、途中から見たため訳が分からず、別な番組にチャンネルを変えた。
タイトルすらも知らなかったし、知ろうとすらしなかった。
だが記憶の片隅にその場面が焼き付いた。

それから数年後、アニメをあさるようになった自分は偶然『とらドラ!』と再会した。
このアニメを見ようと選んだときは、まさか以前に見たことのあるものだとは思いもしなかった。
そして、実際にテレビで見始めると、どことなく見覚えがあるように感じ、クリスマスの回を見て鳥肌が立った。
その『とらドラ!』原作者の最新作だったので、とても期待をして読み始めた。

『ゴールデンタイム』の感想
第1巻から盛り上がる展開があり、ストーリーに引きこまれた。
最後がたまらない。
1巻なのに「結構行くなあ」と思った。
第2巻はまだ前半しか読んでいないが、この穏やかな流れから、また後半盛り上がってくるのかなとワクワクする。

主人公がライトノベルにありがちな高校生ではなく大学生という設定。
ある事件のせいで、今もとある問題を抱えている。
その当時を振り返る場面で、高校のエピソードも入るので、うまいなあと思った。

アニメ化を期待される作品だが、ドラマ化も向いていそうに思う。
雰囲気は作者が女性の為、少女漫画に近い。
しかしそうであるからこそ、ラノベやアニオタの層だけでなく、一般人(特に中高生)も楽しめそうだと思う。
あと、この作品は表紙の2次元のキャラクターだけでなく、3次元の人でも、こんな感じかなと物語を想像をすることが出来る。
これって、ライトノベルでは、意外にすごいことではないかと思う。

自分はまだライトノベルビギナーだが、レベルの高い作品だと思う。
ひょっとしたら、今刊行中のライトノベル作品で1番じゃないかと思って調べたら、こんなランキングが。
トップ10にも入ってない。
「2012年上半期ライトノベルランキング」1位はWEB発の新人作品 | ニコニコニュース
半分が知らない作品だけど、ちょっと興味が。
どんどんはまっていってるな、自分。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』第2巻読了

今日は『俺の青春ラブコメは間違っている』第2巻を読んだ。


()


商品詳細を見る

1巻を読んだ時はあまり面白いとは思わなかったが、今回は楽しむことが出来た。
第1巻の感想はこちら
こっちの人の備忘録 初めて読んだライトノベル『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』第1巻

間違いなく前巻よりパワーアップしている。
千葉ネタもいいところをついているし、ぼっちネタも共感できるものが多かった。
登場人物のバックグラウンドも一部明らかになり、今後の展開を期待させられた。
次巻以降も楽しみだ。

個人的に今回気に入ったのは、兄弟愛が書かれていること。
ぼっちに慣れた主人公が、妹に対して気にかける様子が微笑ましい。
その一方、雪ノ下は何やら家庭内の事情を感じさせる部分があった。
笑える話にそういったシリアスな要素が少し持ち込まれていて、次巻以降へのつなぎになっている。

しかしこのくだりはいらないだろと感じる部分や、キャラクターをかわいく見せたいのだろうが受け付けない部分があった。
例えばメイド喫茶に行ってしまうところとか。
他にも彼らが会ってどの程度経ったかは知らないが、あまりに早く好意的な人になりすぎだろと思ってしまったりとか。
心情の変化については、もっと段階を踏んで変化させればいいのに。
しかし、これもライトノベルじゃありなのかな。
主人公主観の口語で物語が書かれているので、他のキャラクターの心理描写をうまくするのは難しいのかも。
しょうがないのかな。

それでも読んでいて、それぞれのキャラが個性的でかわいいと思ってしまったので許す。

初めて読んだライトノベル『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』第1巻

先週からライトノベルを読みだした。
ライトノベルが原作のアニメが多く、以前から興味は持っていた。
それに加えて最近時間に余裕があるので、思い切って手を出して見ることにした。

何を読むか迷い、いろいろなサイトを見た結果、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』の第1巻に決定。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
(2011/03/18)
渡 航

商品詳細を見る

その理由は
1.全く聞いたことのないタイトル
2.比較的評判がいい
3.自分の出身県である千葉県が舞台
4.残念な青春モノでぼっちや非リアの共感を誘う部分もあるらしい
ということがネット上で書かれていて自分の好みに合うと思ったからだ。

そして読み終えた感想はがっかりの一言。
ただそれは自分がライトノベルを初めて読んだから、そう思っているのだと考えている。
初心者の自分の目から思ったことを正直に書こうと思う。

物語の設定やキャラクターに個性が強い。
ストーリーは『僕は友達が少ない』と同じ系統。
いい部分も持っているのにどこかしら残念でぼっちな人たちの、笑える学園ものといったところだと思う。
どこかでみたことあるような要素が他にも多く盛り込まれ、オリジナリティが薄いと思った。
その他では、千葉ネタは何回も聞いたことあるものだし、共感出来る部分もこんなもんかって感じだし、全く自分にはウケなかった。
つまり期待はずれだった。

でも続きも読もうかなとも思ってしまった。
多分口語体で読みやすく、絵があるからキャラクターを想像しやすいため、頭を空にして楽しめるからだ。
作者がうまいからか、一気読みをしてしまうほどだった。
その感覚はアニメを見ている時に近い。
本作品で自分が一番すごいと感じたのはこの部分だった。

恐らくこういう軽い作品は、気合を入れてではなく、4コマ漫画でも読むかのように気楽に手に取るものなのだろう。
いい娯楽を見つけた。

今後は恐らくいつか来るであろうシリアス展開にも期待。
登場人物が何があってここまで残念になってしまったか、自分の理解の範疇を超えているだけに興味がある。
それを経てもまだがっかりと自分が感じるのなら切る予定。

第5巻では重大発表がされるとか。
何だろう。
楽しみだ。
プロフィール

Author:こっちの人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。